産後ダイエットの方法

産後ダイエットの方法

産後ダイエットの方法

産後ダイエットに骨盤矯正は必須です。
妊娠中の女性の体は、出産に向けて徐々に骨盤が開いていきます。

骨盤が緩んだままだと、お腹周りから下半身にかけて太りやすくなります。
必ず骨盤ベルトやガードルを履いて徐々に骨盤の開きを元に戻します。

骨盤ベルトの選び方は、妊娠前のサイズを購入します。
しかし、妊娠中に太ってしまった場合、サイズアップしている場合があります。

骨盤ベルトは、フリーサイズで締め付けを調整できるので
あまり気にしなくても問題ないですが、

小さ過ぎても内臓を圧迫しすぎて体に悪影響です。
逆にゆる過ぎても効果がありませんので、サイズはチェックしておきましょう。

産後ダイエットの方法自体は、普通のダイエットとあまり変わりありません。
ただし、あまり強めの食事制限をしたり、激しい運動はしないようにします。
栄養が偏らないように和食中心の生活を心がけ、適度な運動をするのがベスト。

栄養バランスが保てるようなダイエットフードやドリンクなどを使っても良いでしょう。
母乳を与えている時期なので、栄養バランスも大切です。
妊娠中もそうですが、授乳しているから沢山食べなくてはいけないということはありません。

反面、授乳をするととてもお腹が空きますし、
夜中も授乳を続けるので空腹を感じることがありますね。

夜中にお腹がすいた時には、菓子パンなどの炭水化物ではなく
低カロリーの食品を少し摂取すると良いでしょう。

カロリーの記載のある酵素飲料も良いですし、食品なら冷奴やところてんなども良いです。
産後は、体力の落ちている時期ですが、育児で頑張り過ぎてしまう時期でもあります。
あまり無理せずに継続しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ